【坪単価は?】トヨタホームで36坪の2階建ての建物本体工事費用

今日はお待ちかね!!

トヨタホームで建築したぼくの費用明細を公開しちゃいます!!

かなり値引きしてもらった自覚があり、営業さんはあまり公開してほしくないようだったので、支店や金額は少しぼやっとさせますので悪しからず。

スポンサーリンク

主なスペック

費用や坪単価と言っても、仕様によってかなり上下します。

なのでぼくの建てた家の主なスペックを載せておきます。

  • シンセ・はぐみ
  • 2階建て
  • 延べ床面積118.99㎡(35.99坪)
  • 太陽光なし
  • スマートエアーズ(全館空調)なし
  • 自動シャッターあり
  • ラ・ロックあり
  • 軒(のき)延長

ランニングコストを抑えるため、快適装備はあまりつけていません。

スポンサーリンク

費用内訳

まず建物本体価格になる項目。

項目金額
建物本体工事費25,380,639
特別決済割引-144,930
特別決済割引①-1,261,785
特別決済割引②-1,261,785
東日本大震災復興支援-287,920

 

続いて、関連工事費用。

項目金額
現地工事(盛り土工事)224,840
特殊据付工事0
特注工事0
屋外電気工事(アンテナ工事も含む)177,000
屋外給排水工事1,474,800
給水引込工事403,600
照明工事52,170
カーテン工事469,526
既設解体工事0
空調工事0
申請手数料500,000
設計工事監理料240,000
諸経費500,000
外構工事別途
地盤改良工事0
特別決済割引③-1,500,000
付帯工事値引き-350,000
???-50,000

 

以上が明細です。

ぼやっとさせずに、ありのまま載せてしまいました。笑

 

スポンサーリンク

坪単価

上記の建物本体工事費~東日本大震災復興支援までを建物本体価格として、坪単価を算出すると、

 

建物本体工事費(25,380,639) - 値引額(2,956,420) = 22,424,219

 

となり、それを坪数(35.99)で割ると

 

22,424,219 ÷ 35.99 = 623068.0466796332

 

となり、坪単価は62万ちょいということになります。

 

高いですか?安いですか?ひとそれぞれですよね。

ぼく個人的には、鉄骨にしてはだいぶ安い!という印象でした。

 

なお、坪単価の算出にはその他工事費用が含まれていません。

工事費用分は膨らみましたが、更にそちらからも勉強して頂きました。。。

スポンサーリンク

安くするためにしたこと

まず、あらゆる安くなる手段を聞きました!

(あくまでも上品かつ狡猾に)

 

手段としては、

  • 家の展示期間を設ける(2週間前後)
  • 家の展示期間を設ける(2ヶ月前後)
  • 震災等で被害を受けている場合、支援があるかも?
  • 空調はトヨタホームで買わない
  • 建築後、電気代明細を提供する
  • 紹介や時期によって数%の割引となる
  • 給付金制度がある自治体や組織がある

がある模様。

 

ようは建てた家を、実際のお客さんに見せたいってことですね。

これはぼくは全然かまわなかったので、承諾しました。

(ただし2週間)

 

また、ぼくの実家は東日本大震災で少し被害がありました。被害といっても屋根の瓦が落ちた程度なのですが、それでも罹災証明書を発行できましたので、わりとカバー範囲は広いと思います。

条件は罹災証明書があることでした。

これだけで30万弱減らせるなら嬉しい限りです。

 

あとは、空調をトヨタホームで揃えると数万~十数万高くなります。

トヨタホームで買うメリットは空調も保証の範囲に入ることでしょうか。

今は家電量販店でも同じですね。

 

紹介は1律5%引きになるようです。

僕は紹介など一切なかったのですが、色んな値引き(特別決済値引①~③)がつきました。

 

あとは給付金を出してくれる組織や自治体があります。

下の2つは各自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

資金計画の相談

トヨタホームのおおよその坪単価がわかりました。検討中の皆さんは安いと感じましたか?高いと感じましたか?住宅を購入する場合、多くの方がローンを組むことになります。その際の資金計画はとても大切で、疎かにすると最悪強制売却&借金のみ残る状態となり、その後の人生設計に大打撃を与えます。

購入時は勢いも大切ですが、用意できる予算と返済できる金額とペースをきちんと把握しておきましょう。今ではネットで無料で相談できるサービスを提供する会社もあります。

下記のタウンライフは資金計画はもちろん、間取りの作成や土地の相談まで無料でできます。人生一度の大きな買い物の前に、利用できるサービスはとことん利用しましょう!


タウンライフ:無料間取り作成サービス

 

 

以上、トヨタホームで建てた費用内訳でした。

おしまい。

コメント