【明細公開】トヨタホームの付帯工事費用

トヨタホームの費用

費用公開シリーズ第三弾!!
一般的に新築する場合の費用は、大きく下記の金額に分類できます。

  • 建物本体工事費用
  • 付帯工事費用
  • 諸費用
  • 外構費用

今回はトヨタホームでの新築するにあたり、付帯工事費用はいくらかかったのか?
我が家の明細を公開しちゃいます。

スポンサーリンク

家と土地のスペック

付帯工事費用に影響する我が家のスペックは下記のとおり。
まず、建物本体。

  • 延床面積:118.99㎡(35.99坪)
  • 2階建て
  • 非オール電化
  • ガスあり(プロパン)
  • トイレ2つ(1階&2階)
  • 風呂1つ
  • 洗面所1つ

まず、続いて土地まわり。

  • 土地面積:323.5㎡(97.9坪)
  • 古屋なし
  • 平地
  • 地盤改良なし
  • 盛り土約20cm
  • 下水道なし(浄化槽)
スポンサーリンク

付帯工事費明細

それでは本記事のメインどころ!
明細を公開します。

項目金額
現地工事(盛り土工事)224,840
特殊据付工事0
特注工事0
屋外電気工事177,000
屋外給排水工事1,474,800
給水引込工事403,600
照明工事52,170
カーテン工事469,526
既設解体工事0
空調工事0
申請手数料500,000
設計工事監理料240,000
諸経費500,000
地盤改良工事0
特別決済値引き-1,500,000
付帯工事値引き-350,000
消費税(8%)175,355
税込合計金額2,367,291

空調工事は、トヨタホームは高いので街の家電量販店にて実施しました。

気になる付帯工事費用は

 

236万

 

という結果に。高いのか?安いのか?わかりません。

 

ギャル
ギャル

オラオラ!値引かんかいワレぇ!

 

付帯工事費は、値引きとかいう概念はありません。

(なぜか35万円の値引きが入っていますが、帳尻合わせでしょう)

 

スポンサーリンク

付帯工事費を安く済ませるには?

付帯工事費の金額は建てる土地によって9割決まります。
付帯工事費が安い土地を選ぶことはある程度できますが、決めた土地で安くすることはできません。

付帯工事費用は大きくわけて下記の費用で構成されます。

  • 解体工事費
  • 地盤改良費
  • 造成・整地工事費
  • インフラ整備費

解体工事費

解体工事費とは、土地に古屋などの建造物が立っている場合の解体・撤去費用。
真っ新な土地の場合は必要ありません。
かなり高額ですので、古屋付き物件の場合はよく検討してください。

地盤改良費

地盤の強度が不足している場合、地盤改良が必要になります。これも高額。
強度があらかじめわかっている土地もありますが、売りに出ている土地は一般的に強度は未測定です。
(強度不足だと買いたたかれるため)
残念なことに土地購入前に地盤強度を測定することができません。
ただし、分譲地ではあらかじめ計測してあるはずで、地盤改良費はかからないことが多いです。

造成・整地工事費

造成・整地工事費は土地の均しや、高低差のある場所に擁壁を作る費用です。
斜面であったり、地質が悪い場合は注意が必要です。

インフラ整備費

インフラ整備費は電気・ガス・水道を引き込むための工事です。
我が家の付帯工事の項目にも「屋外電気工事」「屋外ガス工事」「屋外排水工事」という名前が出ていると思います。
オール電化住宅であれば、屋外ガス工事は省けるかもしれません。

 

スポンサーリンク

結論

付帯工事費用は土地を決めて、後からついてくるもの。
気にせず、気に入った土地を買ってください。

ただし、付帯費用が高い土地=いわく付きです。
土地選定段階であれば、↓に該当する土地はあらかじめ避けたほうが無難です。

  • 古屋が建っている土地
  • 田んぼや沼地の付近等、水の歴史が疑われる土地
  • 斜面の土地

地盤改良費だけは計測してみないとなんとも言えませんが、他は土地選定の段階で避けるようにしましょう。

 

 

以上、トヨタホームの付帯工事費用についてでした。
ごきげんよう!

コメント